忍者ブログ
競馬予想 無料 10月 京都競馬場開催 デイリー杯2歳ステークスについての情報掲載
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デイリー杯2歳Sの歴史


1966年 - 3歳(現2歳)の競走馬による馬齢重量(牡馬51Kg・牝馬50Kg)の重賞競走として「第1回デイリー杯3歳ステークス」が創設され、京都競馬場・芝1600mで施行された。

1967年 - 施行場を阪神競馬場・芝1400mに変更。

1970年
馬齢重量を牡馬・牝馬52Kgに変更。
宮本悳が騎手として史上初の連覇。

1971年 - 馬齢重量を牡馬53Kg・牝馬52Kgに変更。

1974年 - 施行距離を芝1200mに変更。

1976年 - 小野留嘉が調教師として史上初の連覇。

1978年 - 施行場を京都競馬場・芝1400mに変更。

1979年 - 京都競馬場のスタンド改築工事による振替開催により、中京競馬場・芝1400mで施行。

1980年
前年からの京都競馬場のスタンド改築工事による振替開催により、阪神
競馬場・芝1400mで施行。
馬齢重量を牡馬54Kg・牝馬53Kgに変更。

1983年
河内洋が騎手として2人目の連覇。
小林稔が調教師として2人目の連覇。

1984年 - グレード制施行によりGIIに格付け。

1989年 - 混合競走に指定。

1994年
馬齢重量を牡馬・牝馬53Kgに変更。
京都競馬場の改修工事による振替開催により、阪神競馬場・芝1400mで施行。
松永幹夫が騎手として3人目の連覇。

1995年 - 指定交流競走に指定。

1997年 - 施行距離を芝1600mに変更。

2000年 - 安藤勝己が騎手として4人目の連覇。

2001年
馬齢重量を牡馬55Kg・牝馬54Kgに変更。
馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「3歳」から「2歳」に変更。
名称を「デイリー杯2歳ステークス」に変更。

2007年 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、重賞格付け表記をJpnIIに変更。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]